6/1~6/3屋久島ロケ紹介 part1/2

_MG_4702_top

どうも、ぽっぽさんの息子のフータです。

実はPhoto studio poppoは6/1~6/3にかけてお休みをいただいていたのですが…

その間にぽっぽさんと僕、そして父の大学時代からの友人でもある斎藤裕史さん(ブログ「ふっても晴れても写真日和」、写真撮影ハウツー本「わっ、撮れた!」著者)のメンバーで屋久島に写真撮影の旅にいっておりました。

今回は、旅のもようと僕が撮影した写真を一部紹介します。


6/1

屋久島に出発!

IMG_4285

屋久島には祖父が住んでいます。(ぽっぽさんは屋久島出身)
左がぽっぽさんで右が斎藤さんです。

IMG_4287

到着すると祖父が迎えてくれました。

すぐに撮影に行く予定だったので、うわー雨降ってる……と落ち込んだんですが、斎藤さんはむしろ嬉しそうでした。

「フータ君、こんな天気の日はむしろ写真日和だよ!」

IMG_4297

■1日目の撮影
(場所:白谷雲水峡)

IMG_4303IMG_4312 IMG_4324

山の中はさらに雨が激しくなりました。機材が!濡れる!!!!

慌てる僕を尻目に斎藤さんはサクサク撮影を進めていました。カメラを構える背中に貫禄があります。さすがです。。。。

■撮影する斎藤さん
_MG_4696

斎藤さんに逐一撮影のポイントを教えてもらいながら、一ヶ所一ヶ所ていねいに撮影をしました。

お手本がある撮影というのは新鮮で面白かったです。新しい発見がたくさんあって勉強になりました。

以下、僕の撮影した写真です

_MG_4702_MG_4725_MG_4737

_MG_4736_MG_4719

_MG_4747_MG_4760

_MG_4764

<hr />

斎藤さんは雨の日は写真日和だ、とおっしゃっていましたが、なるほどこういう写真は確かに雨の日にしか撮れないな、と思いました。

濡れた岩肌の質感や、苔や葉っぱ、花などの表情、そして背景を白くぼかしてくれる霧など、雨の日には晴れの日にはない特別な条件が揃っているんですね。


Comments are closed