てんてらツアー2015

今回は、ぽっぽのおじさんが執筆担当の回です(長いよ〜〜)
img_2499_hdr

2015
息子(次男)高校二年生の夏休み
その次男と男二人旅に出かけました

鹿児島の片田舎、吉野の山奥、メンバーの入れ替えもない小さな学校

小中学校を通してしたことといえば、少年団から続けたバスケットボール

そんな少年が、高校に進学しまして

んで、2回目の夏休みです

部活もせず、

外に出かけるでもなく

真夏のうだるような暑さの中で

ゴロンと横になって

扇風機に当たりながら

ひたすら携帯型ゲームに没頭しておりました

学校もがんばって行ってますし

成績だって悪くない

宿題もとうの昔に終わらせてまして

文句のつけようがない状態なので

「ゲームやめなさい」

の理由がありません

しかし、夏休みゲーム「しか」してない・・・

では17歳の夏、少し寂かないですか?

と、余計な心配をしてしまいましたので

息子を無理矢理どこかへ連れ出す計画をたてました。

_0012915
父「どこか行きたいとこない?」

img_2384_

息子「ん~~? 別にぃ~どこも行きたくない~」

_0012914

父「そんなこと言わずにさぁ~どっか行こうよ~~、海外でもいいからさぁ~~~」

img_2384_

息子「え”~~~? そんなこと言われても・・・・」

_0012914_

父「ねーねー、どっか行こうよぉ~~~」

img_2605

息子「ん”~~~~、そんじゃあねぇ、うどん県にうどん食べに行きたい!」

ジジー「うどんか! いいね! じゃあ、そこ行こう、すぐ行こう、今行こう!」

そんなやり取りがありまして、
このうるさいジジーを黙らせるために、いやいやながら今回の旅に付き合ってくれることになりました

しかし、あれですね

思春期まっただ中の高校生が、ジジーに付き合ってくれるなんて幸せなことです

たぶん、一生のうち一回

今回の旅が最初で最後になると思います

最初で最後の男二人旅

img_2160
阿蘇山の麓ではimg_2162
お肉屋さんで馬刺を買って、阿蘇の景色を眺めながら img_2167
車の中で食べたました(雨が降ってた)

img_2186

大観峰では牛乳ソフトクリーム

img_2198 img_2200 img_2229

大分、湯平温泉で温泉を満喫し

img_2360 img_2363 img_2366 img_2370 img_2376 img_2382

大分、宇佐市では名物「からあげ」を3軒はしご

img_2385

初日の宿泊は宇和島フェリー

23時50分別府発のフェリーなら、翌朝まで泊まれます

img_2387

この日は8月の末ということで貸し切り状態でした

フェリーが出るまで時間があったので

別府の市営温泉で本日2回目の温泉(写真が見当たらない・・・)

2日目は

高速で香川県、丸亀市を目指します

img_2445
最初に向かったのは板出市にある「讃岐うどんがもう

img_2412
こんな感じのお店
img_2441 img_2442

img_2446
お客さん食べるとこは「外」みたいですね

img_2448
で、50台くらい?
専用駐車場だって!?
聞けば連日満杯になるんだとか・・・うどん県 恐るべし・・・

2軒目は綾川町

img_2468
こちらも長蛇の列ができるという
山越うどん
img_2457
釜揚げうどん+たまご=かまたま

img_2461_hdr
猫がね、いました。かわいい。
img_2464
トッピングにからあげをチョイスする次男

img_2450
駐車場はなんと!300台分を確保!!
これが一杯になるっていうんだから恐れ入ります

img_2451
醤油サイダー(右)とオリーブサイダー

img_2481_hdr
瀬戸大橋を通って岡山へ

img_2506_hdr_
(次男撮影)
img_2499_hdr
橋を建てたい、と目論む高校生
瀬戸大橋に大興奮

img_2475
スコールに降られ急遽ホテルを手配

img_2510
予約サイト「じゃらん」で当日予約した倉敷アイビースクエアー
img_2515
空室があれば当日予約がお得でした

img_2516
絵画のようなホテル
img_2518

img_2532
夕食は近くの焼肉店へ

3日目
快晴
img_2540
倉敷美観地区内にあるアイビースクエアー

img_2554
美観地区の風景
img_2552
岡山といえば 桃太郎とマスカット
img_2560
桃太郎といえば「きびだんご」
img_2563
尾道へ移動中
img_2564
お!ぽっぽ家!!
img_2567
尾道は広島県、広島といえば「お好み焼き」
img_2575
坂の街 尾道
img_2581 img_2583 img_2585
スリッパで登る尾道
img_2586 img_2593 img_2595 img_2598 img_2601
広島といえば、「牡蠣」
img_2603
と、「もみじまんじゅう」

広島はお腹いっぱいになる街

最終日は下関から出発です

img_2614
下関といえばフグが有名

img_2609
ということで魚市場に行って
img_2612 img_2611
ふぐ刺し

img_2610
からの
img_2613
ど〜ん

img_2622bw_hdr
とまあ、
こんな感じで
ご当地名物を
ず〜〜〜〜〜〜〜〜と食べ歩くだけの旅になってしまいましたw
ま、いっか

この旅を通して
「だらしない」と思ってた次男が
実は「超優しい人」だった。
ということが分かりました

道を間違えたり
時間に間に合わなかったり
逆に時間を持て余したり
食べ過ぎて予定のもう一軒行けなかったり
とにかく
私の失敗をなんでも許してくれるんですよね

「だらしない」ように見えてたのは
日頃がんばってるから、夏休みくらいは休みましょうと
「自分を許してた」んだなぁと

で、自分を「許せる」からこそ
人も「許せる」んだなぁと

親子といえ、子供のことをよく知っているのは
ほんの小さい時だけで、
大きくなってきたら知らないことの方が多いわけで
知らないからすれ違いも多くなるわけで
どことなく「よそよそしい」感じになってきてしまいますが

でもこんな親密な時間に付き合ってくれて、とってもありがたかったです
改めて我が子を大好きになって
今回の旅に行って本当によかったなぁ〜と思うことでした

これが2015夏の出来事


Comments are closed