てんてらツアー2016 in カンボジア 5

プノンペン最終日の4日目
早朝から街角ウォッチングに出かけました
img_2894

といってもワタシの場合、バイクね
img_2183

さすがに4人乗りは危ないと思うけどもw
img_2141

なんか楽しそうw
img_2934

いや、実際に三人乗りは楽しかったwww
img_2928

こんなんとかさ〜
img_2914

こんなんとか、街中にLOVEを感じませんか・・・? 気のせいですか? そうですか
img_2909

これだけガッシャガッシャだと事故も起こりそうなものですが
あまりにもガシャガシャし過ぎて、実はあまりスピード出てないので大丈夫みたいですw
img_2166

ですが、街は今急速に発展しているところです
img_2938

道路も次々に整備されて、どんどんスピードも速くなっていくんでしょうねぇ
img_2955

お散歩の途中で小さなバザールを発見したので突入
img_2975

狭い中に、びっしりと商店がひしめき合って、ものすごく活気溢れるバザールです
img_2986

バザールには必ず食べる所もありまして
今度来た時はここで食べようと心に決めましたw
img_2977

お肉もこんな感じで売ってます
img_2978

”ひゃ〜えぐい〜”とか思ったあなた!
お肉とは本来こんな姿だったはず
img_2983

鳥だって「誰か」がこんなして羽をむしって
img_2987

こうなってるわけでw
img_2980

「元」は ↓これですからw
img_2999
ちなみにこの鳥さんたち、まだ、元気に生きとります

こういう生き死にを、間近でまざまざと見せつけられて
img_2789

でも、それはとっても現実味を帯びた生々しい体温であり
img_2790

生きていることへの感謝であり、死する者への敬意なんだろうなと
img_3003

街は活況を呈しています
img_2295

古いものがどんどん壊され
img_3028

新しく、綺麗なビルがどんどん建っていきます
img_3013

新しく、綺麗な街は世界中どこにでもありますが
img_2954

こんな味のある街並のほうが私は好きですw
img_3020

img_3025

綺麗な街は、私たちから現実味を奪い去り
見せたくないものには蓋をして
目の届かないところへ遠ざけようと必死です
img_3015

私の記憶の中にある40年前の日本
25年前に訪れた台湾
そして、今のこのカンボジアはとてもよく似ている
img_3022

街はガチャガチャしていて、けっして綺麗とは言えないけれど

img_3071

活気があって、匂いがあって、うるさくて、ジメジメしてて
いろんなものが一緒くたにごった煮になってる

img_2802

でも、そこにはいつもたくさんの人がいて
img_3007

たくさんの愛が溢れてる
img_2499
img_2436

数えきれないほどの笑顔があって
img_2549

人々は今日も平和に暮らしている
img_2605

私たちは今、歴史のまっただ中にいて
時計の針を逆に戻すことはできないけれど
img_2652

せめて愛だけは持ち続けていきたいと
img_2963

強く感じる旅となりました。
img_2643

カンボジアからの留学生ホンくんには旅の期間中
心強いサポートをしていただきました。
大変お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ホンくんありがとう。オクン

そして、こんなグダグダな長文によくも付き合ってくださいました
読者のみなさまへ、お読みいただきありがとうございました。オクン

12974436_853365751452885_1333787589603933367_n
2016年 筆者記

<カンボジア旅の備忘録>

・両替は日本国内で済ませましょう

・100ドル札はほとんど通用しないので10ドル札を大量に持って行きましょう

・デパートで何万円も買い物するような、セレブな旅なら使えますが、

街中でクレジットカードは使えません。

私のようなボンビーな輩が行くようなお店では特に使えません。

・入国の際、有料のビザが必要です(一人4000円くらい)インターネットで予め納めることができるみたいなので、できれば事前に納めておきましょう。

・日本語はおろか、英語もほとんど通じません。現地の人と話すには「指差し単語帳」なるものが必須です。

・食べ物屋さんは日本の物価の1/5です。大きなお金は嫌われますのでご注意を

・ほとんどの人たちが、とっても親切です。しかし、中には悪いヤツもいるらしいので

決して油断せず、パスポートや現金など、自分の身は自分で守りましょう。


Comments are closed