不寛容な空気 . 1

「不寛容な空気」①
.
.
私が本日述べたいことは
.
屋久島の一秒は、都会の一秒よりも確実に長い!

ということであります(笑)
IMG_2146
私の生まれ故郷である屋久島

屋久島には鹿児島や都会とはちょっと違う

独特の時間が流れているような気がします

.

この島に一週間も滞在すれば

島での時間と、鹿児島での時間

一秒一秒の長さが同じではないことを実感することができるでしょう
.
.

鹿児島に戻った船から降りた時に

「みんな、なんか忙しそうだなぁ」

と感じます

.

.

先日、取材で訪れたカンボジアでは屋久島よりもっともっと

ゆっくりと時間が過ぎていて、なんだかとってもいいなぁ・・・と思いました

.

昔のことを言うと若者に嫌われますが

「昔はもっと時間がゆっくり流れていたよなぁ・・・」

と懐かしく思い出します

.

.

最近のテレビも面白くないですよね?

昔のテレビは面白かった

たけしさんの番組なんて、はちゃめちゃ過ぎて抱腹絶倒でした

.

いつからなんでしょうかね?

世の中がこんなに大人しくなってしまったのは・・・

.

.


.

「不寛容な空気」②

この写真の中でおかしな所を探してください
というわけではありませんが(笑)
IMG_2060__

これは以前フランスを旅した時に撮った写真です

私の一番のお気に入り

街角の人々をスナップしたものですが

扉の上の方、斜めになってますよね?

扉もこれじゃ開きません

.

「ん?扉? あ~ら~、こりゃまずいねぇ~。削っちまうか?ドアの方」

.

みたいな、職人さんたちの会話が聞こえてきそうな気がして

微笑ましくてなんだかいいなぁ、と思って大好きな一枚です

.

この状況を「よし」とする文化が大人だよなぁ~

って

日本だったらどうなるんでしょうかねぇ~?

.

.

.

最近、世の中にクレーマーの人が多くて

企業やお店ではクレーマー対策に躍起なんだそうですね

.

そのために どれだけの時間と労力がかかっているか

その人達は想像できているのでしょうか?

クレーム対策にコスト(時間)がかかるために、サービスの低下が起こっていることに気づいているクレーマーの人はいったい何人いるのでしょうか?

.

最近のテレビが面白くないのはきっとそういう人がクレームをつけるからなんですかね?

.

.

.

『お客様は神様です』

.

昔、演歌歌手の方が流行語を作ったもんだから

勘違いしている人が多いと思いますが

.

私、お客様は決して神様なんかじゃないと思うんです

(あらかじめお断りしておきますが、私たちのスタジオに来てくださるお客様は神様です(笑)
いや、神様のように素晴らしい方ばかりです。
いつも励まされ、勇気をいただきます。
生きている!という実感させていただける素敵なお客様=神様ばかりで、本当に感謝しています)

.

私たちは人間ですが、お店の人も人間です

褒められれば嬉しいし、怪訝(けげん)な態度をとられれば同じように返したくなります

.

疲れている時もあるでしょう

夫婦喧嘩して機嫌の悪い時だってきっとある。

だってひとりの人間だもの

そういうのを許せないような「不寛容な空気」みたいなものが

世の中に溢れてる気がしてなりません


話が長くなってしまいましたので

続きはまた明日(笑)


Comments are closed