ぐるりのひと

「ちゃんとする」という話

cyantosiyo

「ぐるりのひと」

リリーフランキー、木村多江・W主演

橋口亮輔監督・脚本 2008年公開

という映画を観ました。「ちゃんとする」ことを「善」とする主人公の翔子。夫や親兄弟、職場の同僚など、自分の周り(ぐるり)の人たちが「ちゃんとしてない」ことを嘆き、「もっとちゃんとしようよ!」と強要することで、だんだん周りから孤立していってしまい、心を病んでいく。というようなストーリー

それを夫カナオが優しく見守ってやがて愛の力で克服していく・・・みたいな映画(ネタバレすんまそん)

でね、ワタクシ。この映画のテーマの一つである「ちゃんとすること」が実生活では好きでして・・・

例えばゴミの分別。

ペットボトルはラベルを剥がして、ラベルとキャップは「プラスティックごみ」、本体のペットボトルは「再生ごみ」へ振り分けます。

食品トレーも「ちゃんと」洗って、乾燥機で乾かして、匂いがしないことを確かめて「プラスティックごみ」へ入れます。

で、これ、ワタクシの「趣味」として好きでやっているんですけど、ワタシの「ぐるり」にいる人にとっては結構迷惑な話みたいです。

「強要」はしてないつもりなんですが、なんか、そういうオーラが出てるんでしょうか?

ちょっと煙たがられます。面倒くさいじじぃだなぁ・・・てな目で見られます。

行政からですね「正しいごみの仕分け方」みたいなパンフレットが配られて、そのガイドラインに従って「ちゃんと」仕分けてるんですけど、面倒くさいじじぃだなぁ・・・てな目で見られます。
.

.

・・・・・・・あのぉ・・・・・・・
.

.

これ、本気で「やれよ!」って、思ってるんですかね?行政の方

こんな面倒くさいこと、よ~一般市民に強要しますなぁ。

ワシ以外、だ=れもついて来られませんやん?

歳老いたバー様とか、できますか?

本気でやりたかったら、もっと、こー、「ポイッ」と捨てられるシステムにしないと

分別も徹底しないし、「ちゃんとしてる」ことが変態。みたいな扱いされてわりと迷惑なんだよなぁ・・・・と、思ってしまう50歳
.

.

.

はぁー、はぁー、はぁー

だいぶ興奮して心拍数が上がってしまった・・・

.

.

.

.

別の番組では、阿部寛(あべひろし)さんも「結婚できない男」で

几帳面に「ちゃんと」してるが故に他の人を寄せ付けない男を好演しています

.

.

「ちゃんと」しとったらあかんの?

「ちゃんと」としてない状況を、誰が「ちゃんと」してくれるん?

.

「ちゃんとしてるヤツ」をバカにするのもいい加減にしてほしい
「ちゃんとしてない」ヤツは偉いんか?

.

.

.

そんな疑問を抱えながら悶々と数日を過ごし、家人にこの疑問をぶつけてみました。

そうしたら・・・

.

.

「世の中、そういう『ちゃんとした』人が多いから窮屈で仕方ないんでしょ?そんな人が多いから鬱病とかなるんでしょ?クレーマーとかいるんでしょ?」

と、

「そんな人たちを救おうと制作の人達が必死になって、こんな作品作ってくれてるんじゃない、そんなことも分からないの?」

と、一喝されてしまいました。

.

.

.

.

あらまぁ。

ワタシの正義はここでも正義なんかじゃなかったんですね
いつも反省するんだけど、すぐ忘れてしまうorz・・・

そうか「ほどほど」がちょうどいいんだ・・・

.

そのくらいが「ぐるりの人」にとって心地いいんだねぇ・・・・

.

.

ワタシにとって大事なのは「行政の人」じゃなくて「ぐるりの人」だった
忘れてました

.

.

今日からもっと楽に生きよう。

ぐるりの人にも楽してもらおう。

.

.

.

そんな思った一週間でした

.

.

はぁ~~~、まだまだ未熟やわぁ~~~

もっと「ちゃんと」しなきゃね!

.

.

.


Comments are closed