マルチタスク考

IMG_4578
今日は天気がいいですね、と同じくらいの意味で
「最近、物忘れがひどくて・・・」を常用している居酒屋オヤジの私どす。
.
一階で思いついた事があって、二階へ物を取りに行く。
そんなよくある日常の一場面で、
『どうせ二階に行くんだから「ついで」に洗濯物も取り込もう』
なんてやっちゃった日には
.
「はて? 私はなんの為に二階へ登ったんだっけ??」
.
と、最初の用事を忘れてしまって右往左往・・・
.
なんて事が最近多くなってきました
.
.
.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
.
「マルチタスク」
.
マルチ(multi)=多くの、さまざまな
.
タスク(task)=作業、仕事
.

音楽を聴きながらExcelで仕事したり、WEBブラウザで調べ物をしながら論文を書いたり

コンピュータで一度にたくさんのアプリケーションを立ち上げて同時に作業する時に使う言葉みたいです。

.
今日は、人間思ったほどたくさんの仕事ってできないよね?
ということを酔っぱらいながら考えてみました
.
私、今年で50歳になります。50歳といえば会社でいうとベテランの域を越えて定年前のじーさま。ということになるのでしょうか?課長やら部長やら専務やら、若い人たちを指導する立場にいる人も多いかと存じます。

.

若者の後輩たちに仕事を伝えるような場面で

「ワシらの若い頃はもっとバリバリ働いとったぞ!」

なんて台詞を言うこともあるんじゃないかと思います

.

.

で、ですね、先ほどの二階に行ったら物を忘れる。というくだりを思い出していただきたいんですが、
.
『あれ?オレって若い頃もよくもの忘れしてたよなぁ・・・』
.
と気づいてしまって、若い人たちに自慢できるほど、
ほんとに若い頃はそんなに仕事をできてたの??という疑問を自分自身に抱きました。
そこで、現在(過去には戻れないから)自分自身が一日でこなせている仕事量を自分自身で測定してみることにしたんです。

.
そしたらね・・・・・
ちょこっと二〜三日目分の経理をするだけで午前中いっぱい使ってしまったり、

編集作業も30分しないのに飽きちゃって、庭掃除を始めたり、水飲んでみたり、トイレに入ってみたり

まーーーーー、全然仕事が進まないんですね。

.

そんで、1日があっという間に終わっちゃって、挙句の果てに

「あーー、今日も編集が終わらんかったわー」

.
・・・とかって言ってました・・・
.
.
あほか! と。
.
.

自分で自分を観察してみて、我ながら自分の仕事能力の低さに閉口してしまったわけです。

で、これ。今に始まったことじゃないよなぁ・・・昔からこうだったよなぁ・・・と思い出して

「若い頃はもっとこう、バリバリ働いてた・・・・」・・・・のはウソやな。と
バリバリ働いてる「つもり」になってた「だけ」なんだ。と結論づけました

.
いくら頑張ったところで、やれる仕事量なんて、たかが知れてるんじゃないですかね?
だってさ、人間ってロボットじゃないから、疲れるし、飽きるし、サボるじゃん
.
上司になった人がそのことを忘れて(または本社・本部からの無茶な要望に応えて)
.
「今日できる仕事は、ここからここまで」
.
と誤った見積りをたてると
定時に終われなくて、あたふた残業・・・みたいな羽目になりますよね。そらそうだ

.
.
でもさ、そんなにたくさん仕事ができない人間でも「遊び」となったら何時間でも続けられるから不思議よね?
ゲームとか、釣りとか、キャンプとかね、永遠にやってられるやつ。
.
だからきっと、その人の趣味嗜好に合った「遊び」みたいなものを仕事にしてあげることが一番効率がいいんだろうね。
.
そんな趣味みたいな仕事を見つけてあげて、そんな仕事を作ってあげて、若い人たちに適材適所を探し当ててあげることが上司になった人の本当の役割なんだろうなぁ・・・と

.
.
今日も居酒屋オヤジのグダグダ日記にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
.
パソコンにマルチタスクさせながらいくら机の上で考えたって、理想と現実は違いますよ。と。
.
.


Comments are closed