親子で写真展

IMG_6190
鹿児島市名山町にある「三街区ギャラリー」という2坪ほどの小さなギャラリーで
2017年6月2日〜6月30日まで
「スタジオぽっぽ OYAKO(親子)写真展」
を開催いたしました。
1ヶ月におよぶロングラン開催はギャラリーオーナーの粋なはからいによるものでした

昨年「あーと・かんぱにぃ」というバレエスタジオの協力を得て
私のイメージ通りの写真を収めることができました。
同年8月に行なわれた「あーと・かんぱにぃ」のバレエ発表会に合わせて
会場ロビーで一日だけの写真展を開きました。
.
_24_5175 のコピー
.
会場には1500人を超えるゲストにお越しいただき、大変ご好評いただくことができました。_MG_8881 のコピー
_MG_8875 のコピー
IMG_3609
IMG_3619

実は、その発表会の舞台裏で、息子の風太がプロカメラマンとしてのデビュー撮影が行なわれていました。

_21_8876_1
(※未来のプリマドンナに囲まれてのけぞる風太カメラマン(笑))

自ら大学進学という道を断って、何の保証もない「カメラマン」という世界に飛び込んできた長男
高校卒業と同時にスタジオぽっぽに入社したわけですが、
3年の間、シャッターは一回も切らせてもらえませんでした。
それでも腐ることなく、コツコツと座学とアシスタント業務で写真の理論をみっちりと積み重ねてきました。

そして今回、ようやくカメラを握ることを許され、晴れてプロデビューとなった次第です

これもひとえに、全ての事情を知った上で、撮影することを許してくださった
あーと・かんぱにぃの社長はじめ、スタッフの方々の温かいご支援の賜物です。
温かいご支援、誠にありがとうございました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

その後、屋久島在住の写真家・千々岩孝道先生に見いだしていただき、
YPF 屋久島国際写真祭という国際写真展にスタッフとして参加する許しをいただきました
記事参照↓

屋久島国際写真祭!YPF2017 お手伝いにいきました

続けざまに京都で行なわれたYPFの展示にも参加することを許されました
記事参照↓

屋久島国際写真祭 KG+ KYOTOGRAPHIEに行きました!

そのあと、福岡で行なわれたYPFの展示にも参加することを許していただきました
記事参照↓

屋久島国際写真祭 展 設営に行ってきました。

そして今回、フランス・アルルにて行なわれる、由緒正しい国際写真祭へのスタッフとしての参加を許可していただき、現在、彼はフランス・アルルにて、これまでの人生で一番と思われる、とても貴重な体験をさせていだだいているまっ最中です
記事参照↓
風太のFacebook
※詳細は後日掲載予定です。

そして、屋久島、京都、福岡で培った写真展設営のノウハウをふんだんに盛り込んで
この度、彼の人生初の写真展を開催した・・・・という次第です。

前置きが長くなってすいません。

IMG_6185
YPFの活動で培った技術を使い作品を展示する長男・風太
水準器使ってるし・・・
IMG_6181
現場対応で柔軟に対処するのはYPFで学んだことのようです
IMG_6176 IMG_6178
それに対して、水準器も使わず「勘だけ」を頼りに展示していく昭和のカメラマンね(笑)
IMG_6184

IMG_6203
写真展初日には我々をサポートしてくれる知人・友人が多数集まってくださり
ギャラリー前の路地で、ささやかなオープニングパーティーを開くことがでしました

IMG_6193
そして、なんと、東京から直接駆けつけてくださった写真家のコセリエさんも
初日に見学してくださいました
ありがとうございました。

その後、大学の友人で、写真家の斎藤裕史先生がわざわざ見に来てくれたり
IMG_4719
IMG_4722
それはそれは豪華な方々に見ていただくことができました。

また、仕事が忙しく、ほとんど在廊することができませんでしたが、
感想ノートには、宮崎や佐世保から来られた観光のお客さまで「偶然見た」という方も多数いらっしゃいまして、とにかく、当初予想もしなかったような出来事が核融合のように、連続して起こり
もう、何ていうか、写真家冥利に尽きる、いや、分不相応なくらいに有り難い経験をさせていただきました。

そして、最終日の6月30日
長男がフランスに旅立った穴埋めに、次男が撤収作業を手伝ってくれました
IMG_6504
IMG_6490
1ヶ月に及ぶロングラン写真展を終え、看板を降ろす時には
流石に思うところ、多々ありましたが

ここまでのことができたのは、私たちを生暖かく見守ってくださった私たちを取り巻く全ての方々のおかげです。

ほんとうに、ほうんとうにありがとうございました。
IMG_6495
御礼もうしあげます

また、長男・風太も、私ぽっぽも、次なる発表に向け
すでに始動しております。

作品の発表となれば、準備等々時間がかかるものですが
確実に、着実に一歩前へ進んでいます。

作品を発表の際には、改めてご案内させていただきますが
これにて
「スタジオぽっぽ OYAKO(親子)写真展」
の総括とさせていだきます。

本来、写真展を企画・運営した長男・風太がご挨拶するところですが、
アルルへ出張している最中ということで
私が代わって御礼もうしあげますこと、悪しからずお許しください


Comments are closed