昨日の敵は 今日も敵?

IMG_6946
先日、知り合いからヒントをもらいまして
スタジオ周辺の山から「蔓(つる)」を取ってきて「蔓かご」を作ってみました
.
スタジオに併設しているガーデンスタジオでは
自然光の中、キラキラと光る自然の風景をバックに写真が撮れるということで
お客さまからは大変ご好評をいただいております。
springcoming
.
しかし、そのお庭を良いコンディションに保つには、やはり、それなりの努力が必要で
20294211_1377994825651569_5003746513268397718_n
特に梅雨時期から夏にかけては、芝生や雑草の成長が早く、一週間に一回程度、庭の手入れが欠かせません
20292643_1265496970239759_6953650121604045525_n
作業は一家総出で行ないます
20375962_1265496903573099_744295805315155084_n
こんなして、こんなして
20376001_1377994908984894_5804890740477570887_n
こんなところにも分け入って草取りします。
20292848_1378054642312254_2405256004278318792_n
ほんでもって、やっとこさ、みなさんがご存知のお庭が完成するんですね

.
その際、意外と厄介なのが、つる性の植物です
せっかく整えた樹木に絡まって形が変わったり、暮ったくなったりしますので
定期的な清掃・除去が必要になります。
ところが、つる性の植物は樹木によく「絡まって」ますので、なかなか取れないんですね。
体力も大変使いますし、本当に「厄介者」なわけです
.
いわば、私にとって「蔓さん」たちは「敵」
.
怒りを込めながら廃棄作業をしています
.
.
先日ご年配のお宅に伺いまして、いろいろ貴重なお話を聞かせてもらったのですが、その話の中に
「蔓かごを編む」という遊びを教えていただきました
蔓は山で取ってきた「その時」に編まなければ固くなって編めないんだ、とか
蔓かごが乾燥するにしたがって、固く「ビシッ!」と締まってくるので、最初は緩く編んだ方がいい、とか
一回編んだら10年は持つ、とか
なんか、とっても楽しそうに思えたのです。
.
折しも、知り合いのお宅から帰ってきた次の日が、お庭を整備する予定になっていました。
20429729_1378054475645604_8881284547469009005_n
そこで早速、目星をつけた蔓を別の場所に集めて、ネットで検索した方法を見よう見まねで編んでみました。
小一時間格闘の末、案外上手くいきまして(笑)
IMG_6946
もちろん、プロの方が作るような工芸品ではありませんが、いびつな形も「個性」と思えば納得
なにより、「最初から最後まで自分で作ったんだー」と思うと愛着が湧きます。
これまで敵と思っていた厄介者が、実はとても面白い遊びをさせてくれる人だったなんて思いもよりませんでした。
.
.
最初は「感じ悪いなぁ」と思っていた人ほど、後々になってとっても善い人だったということが分かる。
人間関係でも同じようなことがありますよね?
アクが強い人ほど味がある、と言いますか、
自分と違う人と関わることって、面倒くさいことも確かにありますけど、それよりも
自分の知らない世界を教えてもえるとか、自分の世界がどんどん広がっていく。そんな気がしてなりません
自分の気持ちさえ変えることができれば「昨日の敵」は「今日の友」ということもありえる。ということでしょうか・・・
あれ?蔓かごの話だったのに、いつのまにか人間関係の話にすり替わってる・・・(笑)
.
.
今日も居酒屋おやじのグダグダ日記にお付き合いいただきありがとうございました
「面倒くさいヤツ」と「アクがあるけど味がある人」を見極める鍵はやっぱり
「誠実かどうか」なんだよなぁ・・・・


Comments are closed